アウトドア

キャンプで美味しく間違いなくご飯を炊く方法

インドアでもアウトドアでも重要な主食といえば、ご飯ですよね!

普段、家の中では、炊飯器という必ずご飯を美味しく美しく炊いてくれる便利な機械がありますが、アウトドアでは使うことができません。電源の付いているサイトを利用すれば、使えないこともないですが、なんか違いますよねw

イメージとしては↓みたいな、飯盒(はんごう)で炊くイメージですよね。

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 炊飯器 林間兵式ハンゴー 4合炊きM-5545

けど、実際、これで炊いてみると火加減とか水加減とか難しいんですよね。底の部分が丸焦げになってしまったり、見た目はキレイに炊けても、ご飯に芯が残ってしまったり、焦げるのを気にして水を多くしたらおかゆみたいになってしまったり。

アウトドアで苦戦をする部分のひとつでもあると思います。

もちろん、それがアウトドアだ!って言ってしまえばアウトドア!なわけですが。できれば美味しいご飯を食べたいし、食べてもらいたい。

実際、自分がご飯を炊いて、失敗(焦げたり、芯が残ったり、おかゆみたいになったり)したときのメンタルって、ガッカリ感ハンパないです。

今回は、キャンプでしっかりと美味しいご飯が炊ける方法を記事にしていきます!

アウトドアでご飯を炊く

アウトドアでご飯を炊くといっても、基本的に炊飯器とやり方はかわりません。お米と水を必要な量用意して、先ほどの飯盒お鍋ダッヂオーブンなどに入れて炊くだけです。

炊飯器と違う部分といえば、火加減を自分で調整しなければならないという1点だけです。

なので、火加減さえマスターしてしまえば、美味しいご飯を炊くことができます。

それでは、順番に書いていきますね!

お米とお水を用意する。

まず最初にやることは、お米を用意することです!お米なくしてご飯は炊けません!

お米は、洗米、無洗米とありますが、キャンプ場では無洗米を使いましょう。

次に、お水の量なんですけど、最近の飯盒はメモリがついてます。1合なら1合のラインまで、2合なら2合のラインまで。

もし、ラインの付いていないタイプだった場合は、計量カップでしっかりと測って米と同じ分量の水を用意しましょう!

お米を水に浸水させる

お米と水の用意ができたら、しばらく水に浸けたままにします。だいたい、20分〜30分くらい浸水させます。浸水をさせることによって、お米が水分をになじんで、ふっくらとした炊き上がりとなります。

浸水時間は、お米にもよるのですが、新米は水分をわりと含んでいるので、短めでも大丈夫です。古米は、乾燥しているので、しっかりと30分は浸水させましょう!

着火する

お米がしっかりと浸水できたら、いよいよ火にかけていきます。

火加減ですが、最初は、強火と中火の中間くらいの火加減に調整します。目安としては、鍋底から火がはみださないくらいの火加減です。

だいたい10分から15分くらいすると、沸騰して湯気がでてきます。(時間は炊く量による)

この湯気が弱くなってくるまで、様子をみます。このときに、湯気のにおいが焦げくさかったら火をとめてください。大丈夫かなー?ちゃんと炊けてるかなーって心配な時は、蓋を少し開けてみて様子をみてください。

基本的には、火がついているうちは、あけても大丈夫です。ただ、頻繁にあけたり、長時間あけっぱなしにはしないでくださいね!

ちゃんと炊けているか心配な場合は、少しすくって食べてみてください。

水分が多くてまだグツグツしている場合には、もう少し火をつけておきます。水がほとんどなくまだ芯が残るようでしたら、火を止めてからの蒸らしの時間を長くします。

ある程度、湯気がでなくなってきたら火をとめて蒸らします。だいたい15分から20分くらいで大丈夫です。

これで、失敗なく、美味しいご飯が炊けますよ!

まとめ!

以上の方法で実践してもらえれば、おいしくご飯を炊くことができます。もちろん、失敗をすることもありますが、アウトドアなので失敗も一緒に行った家族や仲間との楽しい思い出になります。

もっとおいしいご飯を食べたい!って方は、ダッヂオーブンでご飯を炊くことをおすすめします。鉄鍋なので、しっかりとお米を芯まで美味しく炊き上げることのできる優れものです。

ちなみに、ご飯を簡単に美味しく失敗しないで炊くアイテムとしては、Colemanのライスクッカーがおすすめです。

これは、もう内側にメモリがついているので、お米を入れたらそこまで水を入れて、浸水させたら、火を鍋底からはみ出さない程度の火加減にして、でてきた湯気がでなくなったら火を止めるだけ。

それだけで、ふっくらと美味しいご飯が炊けてしまう優れものです。

あれれれれrrrr、ちゃんとやったのになんで焦げちゃったんだろー?ってことは、ほとんどありません。

たしかに、飯盒でご飯をたけたら、アウトドアやってるわーって感じが味わえますが、ぼくは簡単で美味しく炊ける方を選ぶかなーって感じです。

家のガスコンロでも炊くことができるので、買ってから年間でそんなにキャンプに行かないという人でも使うことができます。

[amazonjs asin=”B00B1LCPCS” locale=”JP” title=”コールマン アルミライスクッカー 2000012931″]

ということで!

【キャンプで美味しく間違いなくご飯を炊く方法】
でした!ありがとうございました!

キャンプ用品の買取はこちらをどうぞ↓