ネタ

距離感の感覚

物理的な距離はどうしても変わらない。

A地点からB地点まで15kmあれば、A地点を出発して15km進まなければB地点へは到着しない。

5kmじゃダメだし、10kmでもダメ。

しんどさの数だけ距離は遠く感じる

ぼくは歩いた。

100冊の本を袋につめて、何km先かはわからないけれど、15分歩いた先にあるブックオフまで。

途中、なんども本を本をおろしながら、初めて行くので、どれだけ先にあるのかもわからないブックオフへ。

普段なら、片手にアイフォンで調べながら、距離を確かめられるが、今日は両手がほんでふさがっている。

もちろん、二宮金次郎的な、まじめに文学に励むという姿勢ではなく、両手に袋いっぱいのマンガ本を抱えて歩いているのだ。

そうしてようやく到着したブックオフで本を売る。
到着まで約20分でした。

値段は1,100円。

100冊のマンガ本を売って・・・だ。

電車を使わなくてよかった。

当然帰りも、歩いて帰るということになる。

行きのしんどさを考えると、もうこのままブックオフに住んでもいいんじゃないか?ってくらい冷房が効いていて快適だ。
近くにはマックもある。

そうして、ブックオフから歩いて帰る。

両手の本がなくなった分、歩くのがしんどくない。

昔の物々交換の時代のことを考えると、紙幣ってスゲー・・・と、ただただ感動する。

家にはあっという間についた。

知らない道よりも知っている道は近い

突然おかしなタイトルのようですが、初めて通る知らない道って、遠く感じますよね。
あとどのくらいで着くんだろう?本当に着くのだろうか?どんな場所なのか?

様々な不安が、距離感を感じさせます。

一方、知っている道を歩いているとき、遠いとはなかなか思わないもの。
例えば、通勤通学路。その距離が当たり前になっていると、毎日通っている道に対して、遠いとは思いませんよね。

ブックオフからの帰り道はまさにそれ。

両手の100冊の本がなくなったからというのはもちろん、一度歩いたことのある道なので、むしろ近く感じた。

心の距離はどうか?

これは、心の距離でも言えることで、初対面の人との会話は神経を使うし、相手が何を思うか、何を話すかを考えてしまうと、とてもしんどくて、一緒にいる時間が長くて苦痛。

でも、仲良くなれば、何時間でも話していたいと思うもの。

ぼくの場合は、人に心を許すのに時間がかかるもので、なかなか本当の意味で仲の良い人と言えるひとは・・・いない。

でも、人によって、距離感というものはあるので、近いと感じる人もいれば、遠いと感じる人がいるのも事実。

なるべく、近いと感じる人を友達と呼ばせていただくようにしている。

むずかしいよな。自分が友達と思っていても、向こうは知人と思っているなんてザラですからね。

とりあえず、ブックオフで荷物を運んでいる時の苦痛の世界の中で考えた、精神世界のお話でした!