ネタ

本専用フリマアプリ「ブクマ!」で売れた本を発送!

本専用のフリマアプリブクマ!を使って、家の本をできるだけ高く整理しようと計画中です。
そこで!本当に売れるの?ってことと、使い勝手を試すために、まずは、すぐに結果が出そうなワンピース83巻を出品してみました!

前回まで→本専門のフリマアプリ!?「ブクマ!」で本を出品!

出品から売れるまでとてもイージーでスムーズ。発送も簡単だった。

本専用フリマアプリブクマ!の使い勝手を知るために、ワンピース83巻を300円で出品してみました。
結果は、予想通りですぐに購入が!
購入者があらわれると、お知らせというベルのマークで教えてくれます。
そして、ブクマ!の便利なところは、やることリストというチェックマークのアイコンがあって、ここを押すと、今やるべきことを教えてくれます。

発送準備で忘れてはならないこと送料

ちなみに、発送料金は販売料金のなかにふくまれます。
なので、出品をするときに、一番安い方法を計算しておいて、料金にふくめておきましょう!
今回、ぼくは300円で売れたので、レターパックとかで発送したら、赤字です。300円を超えますからね。

けど、実際どんな方法で発送したらいいのかわからないじゃないですか。慣れていないと。
郵送するにして、長さと重さがわかっていないと、送れませんでしたーじゃ済まされませんからね。
ってことで、調べなきゃ?ってめんどいめんどいめんどい項目が増えると思いきや!

ブクマ!のヘルプ画面には参考料金表が一番安く発送するには?というところに用意されています!ありがたや!

この表を参考に、一番安く送れる方法を決めます。

今回、ぼくはマンガの単行本1冊なので、クリックポストという方法が一番安いようなので、クリックポストで発送します。

クリックポストで発送する方法

クリックポストとは?

自宅で簡単に、運賃支払手続きとあて名ラベル作成ができ、全国一律運賃で荷物を送れるサービスです。郵便ポストからいつでも差し出せます。追跡サービスで配送状況の確認も可能です。
フリマアプリやネットオークションに出品した小型の商品などを、安く、簡単に送ることができます!

つまり!ラベルを印刷すれば、切手も貼らずに、郵便窓口ではなくポストから郵便物を出せる方法ということです。
郵便局の窓口って閉まるの早いですからねー。これは便利!

まずは、ラベルを作成し、印刷をします。

本を梱包する丁寧な方法

クリックポストは、タテ34cm×ヨコ25cm×厚さ3cm重さ1kg以内のサイズの物を送ることができます。
なので、角2封筒くらいのサイズだったら余裕ということで、かなり余裕があります。
このサイズにおさまれば、全国一律164円で送れる。超コスパのいいサービスですね。

ってことで、準備をしていきます。
まず、準備をする上で問題となったのは、家に封筒がない!ってことだったので百円均一に走ります。
だいたい、6枚入りで100円で売ってました。1枚16円くらい・・・これも考えて出品する時に値段を決めないとですねー。

今回、出品のために用意したのは、こちら!

左から、

  • P.P袋→本が濡れないようにするため(家にありました)
  • 緩衝剤(かんしょうざい)→本が衝撃に耐えられるように。そして、丁寧さが伝わる雰囲気作り。(家にありました)プチプチでも可
  • 売る本
  • 封筒→今回はマンガ本1冊なのでB5サイズのもの。角2封筒(A4サイズ)だとダボっと感がでるので見栄え的に。

緩衝剤とP.P袋を用意した理由ですが、ぼくはAmazonで中古の本を買うんですけど、以前、本が封筒にボソッとそのまま入れられてたことがありまして。その時、雨が降っていたんですよ。で、うちはボロアパートだったので、外のポスト。
しかも、毎日チラシを大量に投入されるので、常にポストはパンパン状態。そんな中ほぼ裸の本が投入されて・・・
想像どうり、びっしょびしょ。そんなことがあったので、丁寧な準備をしてみました。

これらを使って、発送準備をしていきます。

まずは、本をP.P袋に投入して、こちらもダボッとしないように、テープで端をとめます。
この端をテープでとめる時に、空気が抜けなくてパンパンになってしまうので、ハサミで少し切り込みをいれて、空気の抜け道を作るのがコツです!


こんな感じでしあがりました。丁寧感出てますねー!

次に、緩衝剤に包んでいきます。
緩衝剤は、プチプチでも良いですが、かさばるのでクッキーとかに入っている白いやわらかいやつを使います。
あくまでも、本への衝撃をおさえるためなので、どちらでも大丈夫です。

つつみました。うっすらビッグマムが顔をのぞかせます。
四皇おそるべし。

そして、封筒にいれて、印刷をしておいたラベルをテープで貼っていきます。

完成です!
あとは、ポストに投函して発送作業は完了です!
おつかれさまでした!

ポストへの投稿がすんだら、ブクマ!から、相手に発送しましたよ!ボタンを使って報告をします。

本専用フリマアプリ「ブクマ!」を使ってみて

実際にブクマ!を使ってみて、かなり簡単な仕組みだということがわかりました。
発送方法は、ここまで丁寧に梱包をしなくてもいいと思うので、いらないなーと思う手順は省略してもらってもって感じです。
まだまだ家には本が眠っているので、どんどん売れてくれたら!って思います!