群馬県の温泉

群馬県渋川市赤城「きぼうの湯」

僕の出身は群馬県です。

群馬県といえば、何が有名?と聞かれれば、今だったら間違いなく温泉と答えます。草津温泉をはじめ、水上温泉伊香保温泉四万温泉万座温泉・・・たくさんの有名な温泉地があります。

ですが、僕が群馬県を離れたのは19歳の春・・・

当時は、温泉に興味などありませんでした。あれから10年、今思えば、なんてもったいないことをしていたんだろう。こんなにも恵まれた環境にいたのなら、きっと群馬を離れることはなかっただろう。と、人生設計を悔い改めるほどに温泉好きです。

最近では、実家の様子を見るがてら、地元群馬県の温泉を楽しむという休日を月1で楽しんでいます。

そんな僕が、まずオススメしたい群馬県の温泉〜渋川市びいき〜を紹介します!

「天地の湯」あらため「きぼうの湯」

こちら、群馬県渋川市赤城にあるきぼうの湯

もともとは、ルンズファームという会社の経営で、天地の湯という名前でした。しかし、事情はよくわかりませんが、あるときぱったりと営業を辞めてしまいました。それから3年。競売にかけられた天地の湯は、あらたなオーナーの元、きぼうの湯と名前を変えて、復活を果たしました!

この温泉のポイントは、1年中四季を楽しめる露天風呂からの絶景です。

一面の葡萄畑と富士山

露天風呂といえば、やはり景色と雰囲気がポイントになってくると思いますが。たいていは、木々や植物、近くを流れる川のせせらぎ。などがよくある温泉の露天風呂ですよね。しかし!この天地の湯の露天風から見える景色は、一面に広がるぶどう畑なんです。

と、ここで一面に広がる葡萄畑の写真を挟みたいところだったのですが、1月の景色はこんな感じです。

一面の雪景色!

そう!きぼうの湯の魅力はここなんです。暖かい季節は一面に広がる葡萄畑。寒い季節は、山の上にあるので、一面の雪景色を楽しめます。

※葡萄の季節になったら、更新します(泣)

オーナーが言うには、天気の良い日は、富士山も見えるそうです!

つまり!四季の変化を楽しめる露天風呂ということです!

最大の魅力は静かな環境と人の優しさ

僕は、温泉が好きで、東京にいても、家の近所にある温泉に行くのですが、とても混んでいます。やはり温泉はゆったりと楽しみたい。きぼうの湯は、多くても2〜3人、ゆったりと温泉を楽しむことができます。

そして、登山をする人ならわかると思いますが、山を登っていると、顔を合わせたら「こんにちは〜」ってあいさつをしてくれるんですよね。そこは、山の多い群馬県。温泉に浸かっていても、「こんにちは〜」って、自然と声をかけてくれるんですよね。僕は、このあいさつが楽しみだったりします。みんな穏やかというか、この温泉の雰囲気を楽しんでいて、楽しくなります。

この間なんて、横浜生まれ、横浜育ちの82歳の方が、定年を迎えてから群馬に引っ越してきて生活をしているという話を聞いて、ここが地元の僕からすると、とても嬉しい気持ちになりました。

試運転中のきぼうの湯

きぼうの湯復活といっても、現在はまだ試運転中なのか、土日のみの営業となっております。入浴料もお試し価格なのか、設備費のみの300円しかとっていません。

この温泉の魅力を伝えるためにも平日も営業をしてくれたら・・・と思いますが、無理をせずにこれからも営業をできる方法で続けてくれたらと思います。

温泉を楽しんだあとは、大広間でゆったりとくつろげます。

外には、きぼうの鐘という鐘があって、カランカラーンとなら葡萄畑に鳴り響かせることができます。いい景色!!!

群馬県に御用の際は、いや、きぼうの湯を目的に、ぜひおこしください!

アクセス

きぼうの湯
住所:〒379-1115 群馬県渋川市赤城町溝呂木1270
TEL:0279-26-2613

群馬県の温泉をお探しの方は、こちらもおすすめです↓

吾妻郡の根古屋乃湯は、赤城山の絶景を一望しながらゆったりと入浴できる温泉です。